Q.現在の仕事内容を教えて下さい

工事現場で必要なタワークレーンなどの機械や仮設の電気、給排水計画を行う機電部門を担当しています。
特に現場で一番目立つタワークレーンの設置、組立、解体計画を行うことができる仕事は私たち機電部門でしか扱えない特殊な仕事です。

Q.仕事をしていてうれしかったことはありますか?

この仕事は綿密な計画を立てると同時に安全性も考慮しなければいけません。
ですが、それと同じぐらい重要なのは一緒に仕事をする現場の方々とのコミュニケーションです。
仕事でのコミュニケーションがうまくいくと仕事がはかどるだけでなく、他の現場に移った際も以前の現場で一緒だった作業員の方にお礼を言われたり、「一緒にできて良かった」などと言ってもらえ、とてもうれしかったことを覚えています。

Q.鹿島クレスのよいところは何ですか?

社員(特に新入社員)に対してのバックアップが良いところです。
具体的には社内教育で3か月間建築基礎や図面、CAD講習などみっちり行うので、だいぶ充実していると思います。
また、自分が研修を受けていた時よりも内容が年々より改善され、より密度の濃い研修になっていると思います。
個人的に一番良かったのは、CAD講習があるので、そこで操作を覚える事ができ、実際に現場に出てから、すぐに実務に役立てる事ができた事です。

Q.今後の目標を教えてください

鹿島クレス初の鹿島建設機電社員になること!
鹿島クレス初の現場機電長になること!

この2つの目標を胸に、日々仕事に取り組んでいます!

Private Time

休日は草野球などで汗を流し、できるだけ体を動かすようにしています。
また、今後のステップアップのため、1級電気施工管理技士の勉強も進めています。
お酒を飲むのも好きですが、最近は健康にも気を付けるようにしています。

八代 明日人

建設業は多くの作業員さんと、現場監督で一つの建物を建てる仕事です。
いろいろな人がいて、辛いことや、大変なことはありますが、それを乗り越えた先に達成感や充実感があります。
自分が関わった建物が一般の方々の役に立っているところを
見ることがこの仕事をやってよかったなと思えるところです。
現場でバリバリ活躍したいという方!一緒に仕事しましょう!

INTERVIEW先輩の声