いかに俯瞰的に見るかが問われる

建築設備担当

いかに俯瞰的に見るかが
問われる

氏名三浦 拓夢-Miura Takumu-

出身校北海道立札幌工業高等学校 建築科 卒

入社2011年度入社(4年目)

仕事内容は?

現在は大型ビルのテナント工事を担当しています。設備担当者は、建設現場の中では少数です。そのため任せられる仕事も多く、見積、検査立ち合い、工程管理、定例会の出席など毎日忙しくしています。少数精鋭の仕事なので、一つのことに固執せず、プロジェクトの全体を俯瞰的に見て全体の進行がスムーズにいくように心がけています。

仕事の醍醐味は?

大きな物件の工事に携われるのは面白いですね。以前はお台場の複合施設の現場にいました。工事が終わり施設がオープンするとたくさんの人で賑わっていて、まぁ一部なんですけど「俺がつくったんだぜ」って誇らしく思いました。今でもその施設はよくテレビに映るので、観るとやっぱりうれしいですね。

座右の銘はありますか?

高杉晋作の「おもしろきこともなき世をおもしろく」という句が好きです。自分の仕事も面白い事ばかりじゃないですが、自分がどう動くかで、職人さんとの関係、工事の進捗、最終的には工事の成功も変わってくると思ってます。小さいところでつまずかず仕事を大きく捉えたいと思っています。

休日はどう過ごしてますか?

車が好きなので、給料を貯めて購入したスポーツカーを乗り回してます!

後輩にメッセージを!

寮もあるし、研修もしっかりあるので、高卒で働くことにそんなに不安はないと思います。やるべきことをちゃんとやればちゃんと評価してもらえる会社です。

※掲載内容は取材当時(2015年3月)のものです。